店舗デザインはターゲット層を考える

デザインはお店のイメージを大きく左右する

店舗デザインはおしゃれで目立ったほうが良い、というのが一般的な考え方でもありますが、一概にそうではない場合もあります。
エステやムダ毛処理を行うようなサロンであれば、オシャレで目立つことよりも、プライベートが守られることの方が大事ですから、外観は質素で中が見えないようなデザインになっていた方が利用客も通いやすいでしょう。
同じように美に関する店舗でも、美容院の場合は明るく光が入ってくるような、中の様子が見えるような作りになっているようなことも多いです。
同じ綺麗になるために通うようなお店であっても、美容院は見せたいもの、エステやムダ毛処理などの脱毛は隠したいもの、という心理的なことの違いが大きいでしょう。
ですから店舗デザインはその役割だけでなく、利用客の心理も考えてデザインしなければいけないものです。
斬新で新しい感じがするものが良いとするのは若者層で、古くレトロな感じがするのを好むのは高齢者、といったように、そのお店のターゲット層を決めて店舗デザインしていくと成功するかと思われます。
店舗デザインというのはそのお店のイメージも大きく左右するものです。
いくら店舗の名前やコンセプトが明るく新しい感じがするものであっても、店舗の外観がそのコンセプトに合っていなければ台無しです。
イメージと中身が違ったものにもなってしまいます。
一度お店についたイメージというのは払しょくしにくいですから、長く同じ場所でお店を経営していくなら、コンセプトや名前に合うような店舗デザインにしましょう。

店舗デザインって、色やカタチ、イメージなどを決めるだけの仕事に見えますが実は、プランニングというのは地味で大変な作業なんです。
この設計が失敗すると、余計にスタッフさんが必要になったりお店側の効率が悪くなって、料理の提供が遅れると... http://t.co/EEY4kE6VtE

— BOSS (@atozBOSS) November 21, 2014

デザインはお店のイメージを大きく左右する : 費用に合わせてデザインを考える : 使用する素材によってメンテナンスのコストも異なる