店舗デザインはターゲット層を考える

使用する素材によってメンテナンスのコストも異なる

こうした店舗を似せてしまうことは新しいお店の方が圧倒的に不利なので、リスクしかありません。
オリジナル感も出すように注意すると良いです。
また、高齢者をターゲットにするのであれば、店舗を見て何をしているお店なのか、何を販売しているお店なのかもわかるようにすると良いです。
わかりにくいお店はそのまま敬遠されてしまうことも多いので、年齢層を意識してデザインするのが最適です。
また、素材によってメンテナンスも違いが出てきます。
素材によってはこまめにメンテナンスをしないとすぐに古くなってしまったり、壊れやすくなってしまうものもあるので、外観に費用をかけたり、メンテナンスにあまり費用をかけたくない時はコストを抑えてメンテナンスフリーにもなる素材を用いてもらいましょう。
素材が異なることによって多少デザインイメージも変わってしまうことがありますが、許容範囲であれば店舗のイメージが変わってしまうということまでにはならないので、抑えられるところは抑えるのが良いです。

デザインはお店のイメージを大きく左右する : 費用に合わせてデザインを考える : 使用する素材によってメンテナンスのコストも異なる

株式会社エイケー店舗デザインの基礎知識